« 4日間ピアノに触れなかったら | トップページ | 実家のアプライトピアノだけ特別鍵盤が重いのか? »

2005年3月24日 (木曜日)

今週の成果・・・ではなく新発見

 フォーレの「エレジー」でずっと8分音符で刻んでいた伴奏が左手32分音符の分散和音に変わる部分、先週先生にすごく弾きにくそうだと指摘されていたのですが(確かにリズムもぎこちない)、原因のひとつがわかりました。

 最大で8度(オクターブですね)内の分散和音なのですが、オクターブでいっぱいいっぱいの手の大きさのわたしはそれだけでもう手から腕全体が硬直状態で指を広げていたんです。そりゃ音量やリズムなどコントロール効かなくなるのは当然ですよね。

 指を必要な幅に広げるための筋肉は力が入らなくては困りますが、それ以外の部分を脱力した状態を維持できるかどうか。あとたった2週間で改善できるでしょうか。出来るかどうか悩んでいても仕方ないですね。本番は確実にやってくるわけですから。

 不幸中の幸いと言いましょうか、今月のフィンガートレーニングはこの週末なので先生にちょっとアドバイスをお聞きしてきたいと思います。これをすれば即座に劇的に上達する、なんて魔法のトレーニングは存在しないと思いますが前日のリハーサルまでに可能な限り改善しておきたいポイントです。(実は右手で2オクターブに渡るアルペジオ部分でも同じ現象が起きている。)

|
|

« 4日間ピアノに触れなかったら | トップページ | 実家のアプライトピアノだけ特別鍵盤が重いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/3424844

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の成果・・・ではなく新発見:

« 4日間ピアノに触れなかったら | トップページ | 実家のアプライトピアノだけ特別鍵盤が重いのか? »