« 今週の成果 苦戦してます | トップページ | レッスン日記 2005年6月10日(BlogPet) »

2005年6月16日 (木曜日)

レッスン日記 2005年6月16日

本日の内容 今日はシンプルです
クレメンティ ソナタ Op.47 No.2(Op.24 No.2) 第1楽章
ツェルニー 30番練習曲 第15番

 今日は木曜日ですが先生のご都合で明日のレッスンの振り替えです。今週、大不調の練習状況で暗澹たる思いでレッスンに挑みましたが今日は腕が軽かったです。仕事してなかったワケじゃないですよ。でもフィーンガートレーニングの手や指じゃなくて腕部分の運動などをしてほぐす努力をしたのが実を結んだのかもしれません。

*****************************************************************

 今週は地区予選も近いことなのでクレメンティからレッスンです。どうもこのところ指がもつれるようになって今日もミスタッチ連発でしたが全体の流れや曲想を発展させることについては前進したようで自分が思っていたほど出来は悪くなかったようです。間違おうが、拍がずれようが止まらずに最後まで弾き通す。これ大事だそうです。出だしの同音スタッカートの連続など苦手だった部分がとても改善されて、中間部の細かな音型部分も音色の変化が出せるようになって曲自体を歌えるようになってきたのが最大の収穫でしょうか。あとは細かなフレーズとフレーズの繋がりなどで「ふっ」と気が緩まぬようにできればもっとよくなるとのこと。難しい箇所や苦手と感じているところは細心の注意を払う反動でその直後の音やフレーズなどがどうしても気が抜けた感じに伝わってしまうそうです。

 それとどうしても4小節目のアルペジオが前打音になってしまう。抜き出し練習をしたところ、どうも右手の親指が嫌がっているようです。ゆっくりと弾いたらなんか変なのが自分でもわかりました。ただここまで来て混乱を来しても困るので個別練習はするとして、通して練習するときはそれにあまり捕われないほうがよいだろうとのことでした。前打音だからいけないということではないので。

 ピティナのコンペ(特にグランミューズ部門)の採点方式や傾向など詳しいことは知らないのですが、先生曰く、日本のコンクールの採点傾向は減点方式なんだそうです。どんなに上手くてもある部分でマイナス評価を受けると減点されて結局得点が伸びないんだそうです。今回の選曲は古典ですから、いくらでも粗の目立つところはあるしごまかし効かないし。でも、ここまできたら演奏を楽しんで来れるように第1楽章通じて集中力が途切れないよう練習頑張ります。

*****************************************************************

 ツェルニーはというと・・・今週はほとんどクレメンティの練習に時間を割いていたので進歩なしの状態でレッスンを受けてしまいました。ところがそれほどダメではなかったのです。その理由は右手だけではなく左手のフレーズをちゃんと聴けるようになったからではないかと言われました。音は外すし指使い勘違いしていたので余計に上手く弾けないし。でも左右の音がちゃんとひとつになりだしたことで前回よりずっと曲らしくなっているそうな。自覚はないけれどうれしいです。(クレメンティで気を付けていることが無意識のうちに他の曲にも影響しているようです。)

 前回、4拍子で数えていると指摘された部分は先生すっかり忘れてました(忘れていたというよりは気にしてなかった)。「気にならなかったということはちゃんと2拍子を感じられていたということなんでしょう」という意見で落ち着きました。めでたし、めでたし。

 最後にクレメンティにも言えることですが、ちょっと無駄な動きが目につくと指摘され重心をしっかりと固定してでも腕は自由に動かせるように気を付けて弾くようアドバイスをもらいました。もちろん低音や高音に偏る箇所は身体も移動しますが、余計な動きは見苦しいそうです。歌と同じですね、支えはしっかり、でも上半身は力を抜いて自由に動かせる状態で演奏するのは。

*****************************************************************

 今週の課題

 ツェルニー:第15番 もう少し弾きこみたいところですが、とりあえずコンペ終了まではクレメンティを中心に練習するということで現状維持
       
 クレメンティ:解決の和音を曲全体の中で捉えられるように(気の抜けた音にならないように)くーぴーぺんしるに再び活躍してもらいましょう

*****************************************************************

 余談:実はこの秋、新浦安の山野楽器にミュージックサロンが開校します。先日ちらしをもらってきたのですがなんと月謝が有楽町や東京、池袋と比べると5千円近く安い!ひとえにテナント料(設備費)の差だと思うのですがなんかちょっと悔しい。家からも近いし安いし。でも今レッスンを受けている先生がお辞めにでもならない限りは高くても有楽町に通います。先生との相性は大事だと思うのです。手の大きさが近いこともありアドバイスが的確だし、なによりこんな頭でっかちでわがままな生徒の要望に応えてくれているのですから。先生、ついていきますから〜見捨てないで下さいね〜。(一番いいのは先生が新浦安でもレッスンを持ってくれることなんですけど、それはなんぼなんでも欲張り過ぎ。)ただレンタルレッスン室の相場も有楽町に比べると低いので何かの直前練習で生ピアノで練習したいときには積極的に新浦安教室を利用しようと思っています。 

|
|

« 今週の成果 苦戦してます | トップページ | レッスン日記 2005年6月10日(BlogPet) »

コメント

こんにちは♪はじめまして(^・^)
のだめファンのりえこです!
私もフィンガートレーニングを習いたいなぁと思っています。
凛さんのブログ勉強になります~。
また遊びにきていいですか?

和菓子おいしそう~♪

投稿: Rieko | 2005年6月17日 (金曜日) 12:42

りえこさん、ご訪問ありがとうございます。

フィンガートレーニングはまず先生探しが大変ですよね。わたしが通っているのは御木本メソッドの先生ですがほかにも流派(?)があるようです。人それぞれ手の大きさだけでなく関節や筋肉の付き方も異なり、文字でお伝えできることには限界があると思いますが少しずつ紹介していきますのでよかったらまた立ち寄って下さい。

>和菓子おいしそう~♪

やっぱり、ピアノより和菓子のほうがインパクトありますか(^^;

投稿: | 2005年6月18日 (土曜日) 00:36

お返事ありがとうございます♪
御木本先生の本を読んで、御木本メソッドの先生に教わりたいなぁ‥と思っています。
近くにいらっしゃるといいのですが‥

また遊びに参りますね(^・^)

ただ単に私が食いしんぼなのです~(^^ゞえへ♪

投稿: Rieko | 2005年6月18日 (土曜日) 11:25

きょう柚季 凛で、終了しなかった。
でも柚季 凛と要望したの?

投稿: BlogPetの「りん」 | 2005年6月19日 (日曜日) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/4587264

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン日記 2005年6月16日:

« 今週の成果 苦戦してます | トップページ | レッスン日記 2005年6月10日(BlogPet) »