« 今週の成果 ピアノに触れないときにはイメージトレーニング | トップページ | 今週の成果 手首が回らない(涙)(BlogPet) »

2005年6月 3日 (金曜日)

レッスン日記 2005年6月3日

本日の内容 今日は久しぶりに盛りだくさん
クレメンティ ソナタ Op.47 No.2(Op.24 No.2) 第1楽章
ツェルニー 30番練習曲 第29番&第15番

 今日は残業もせずレッスンに直行できたので時間に余裕があったこともあり、クレメンティのソナタ第1楽章に始まりツェルニー30番は29番も15番もと3曲も見てもらいました。これだけたくさんの曲を(いつも練習はしてあるんですけど)レッスンで取り上げるのはすごく久しぶりです。先生もツェルニーの15番は「えっと、ずいぶん久しぶりに聴く気がしますね〜?」と。その通りですよ、だってレッスンで弾くのまだなんと2回目ですもの。ずいぶん前に曲は決めたはずなんですが。

 ですが、内容は濃かったですよ。おまけになんか「すごい進化してる!」(←この通り言われたわけじゃないんですが、一言でまとめるとこうなる)と先生もびっくり。今週あんまり練習できなかったわたしはさらにその言葉にびっくり。内容の薄い練習を5日間するよりも着実なフィンガートレーニングを毎日1セットということでしょうか?!

 もう何度この言葉を書いたことでしょう。「おそるべし、フィンガートレーニング」

*****************************************************************
 めずらしく時間前に到着したこの日、たまたま前の時間の生徒さんがお休みだったので早めにレッスン室に入ってまずは雑談など。先週末、先生はピティナの大泉学園ステップで朝から晩までお手伝い。「いっぱい仕事した!」と実感されたそうな。お手伝いされることは事前に聞いていたのでピティナのホームページでプログラムを確認したのですがまあタイムテーブルぎっしり。本当にお疲れさまでした。大規模なステップで内容は本当に日頃の発表会として参加された方から、時期的なこともあってコンペのリハーサルとして気合いの入った方までバラエティに富んでいたそうです。その中で80歳の方がステップ初参加で「荒城の月」を演奏されたそうなのですがそれが素晴らしかったんだそうです。「もう、みんなに聴かせたいくらいよかったんだけどお年を考えるとあんまりあちこち連れ回す訳にもいかないし」と残念がっていました。こういうおはなしを聞くと、ブランクからの再開組としてはとても励みになります。今からでも何か得られるものはある、と。
*****************************************************************

 さて、今日は前置きが長くなってしまいました。レッスンの内容に移ります。いつも時間切れになってしまうので最初にクレメンティの第1楽章を通しました。先週末のフィンガートレーニングで新たな指摘や練習の仕方の工夫を指導していただいてまだ頭と身体がばらばらでミスタッチは多いし自分では「およよ・・・」と演奏を終えたのですが、先生からはなんとお褒めの言葉が。すごく音が変わったと。実は演奏前に「第1楽章もペダルを使ってもいいかもしれないと考えている」と言われていたのです。先生としてはオクターブのユニゾンやアルペジオ部分でどうしても苦手意識(物理的にも大変)のために力んで音まで堅くなってしまうことを気にしていていっそペダルを使えば負担が減らせて精神的にも余裕がでるのではと考えていたそうなのですが、今日の演奏を聴いて「うん、このままでいきましょう♪」となりました。苦手なフレーズもリラックスできて音がクリアに粒が揃ってきて、おまけにテンポの揺れもずいぶんなくなったらしい。らしい、というのは自分ではまだ実感がないから。

 練習不足で望んだ今日のレッスンだけに本当にびっくりです。何が変わったって、フィンガートレーニングのレッスンで如何に自分の演奏がテンポにしても左右の手にしても統一感がないのかを嫌というほど実感したことはしたけれどそれを改善できたほど練習した覚えがない。ともかく上り調子なのであまりあれこれ注文つけずにこのままもっていって、できればもうちょっとテンポアップしましょうということであっけないほどのレッスン終了。

 子供と違って頭でっかちで「頭ではわかっているのだけれど身体がついていかない」という大人(わたし)には、もちろん指摘されたことは気を付けていたのだけれどともかく自分がどれだけ思い通りに身体をコントロールできていないかを体感したこと、それだけでかなりの効果を上げたようです。いや、びっくり。本人もびっくりですがそれを説明した先生もびっくりで、「フィンガートレーニングの先生によろしくお伝え下さい」とメッセージも頂きました。

*****************************************************************

 それじゃあ、せっかくなのでとツェルニーに。第29番はダメ出しなし。上手く力が抜けていていいから、どうせならもっと早く軽やかにしてみましょうよと提案されておしまい。第15番もこれまたこれといったダメ出しなし。自分としてはまだまだミスタッチ多いし、レガートにならない箇所もあちこちあって気になっているのだけれど以前のように変に肘で回そうとしていたりせず身体が自然と演奏する位置に付いてきているので問題ないそうな。もちろん完璧じゃないですけどこの調子で練習を進めていけば良し、とのこと。身体が自然と楽に演奏できるポジションに移動していて演奏スタイルそのものが変わったてきた、とうれしいお言葉。

 フィンガートレーニングのレッスンを受け始めて約半年、いろんなことがひとつひとつ自分の中で繋がってきて頭でわかっているだけでなく身体がやっと動き始めたみたいです。

*****************************************************************

 今週の課題

 クレメンティ:このまま良い状態を維持しましょう!(出来ればもうちょっとテンポアップしたいんだけどあまり欲張らず、今週の成果を大切に。)

 ツェルニー:第29番 この際、もっともっと軽やかにテンポアップにチャレンジ
       第15番 こちらも慎重さより勢い重視でテンポアップにチャンレジ

 でも、こんなによいことばかりのレッスンだと逆にこれからが怖いよーっ!そんなこと考えるといけないのかな。この流れと淀ませないように気持ちを軽やかにもって今週も頑張っていきましょう。

|
|

« 今週の成果 ピアノに触れないときにはイメージトレーニング | トップページ | 今週の成果 手首が回らない(涙)(BlogPet) »

コメント

軽やかや、よろしければテンポや、軽やかなどを更新すればよかった?


投稿: BlogPetの「りん」 | 2005年6月 4日 (土曜日) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/4398684

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン日記 2005年6月3日:

« 今週の成果 ピアノに触れないときにはイメージトレーニング | トップページ | 今週の成果 手首が回らない(涙)(BlogPet) »