« マエストロ角のオペレッタ普及&啓蒙活動 | トップページ | ふっふっふ・・・Mac mini 入手! »

2005年8月14日 (日曜日)

わたしの青春そのもの♪ サウンドストリート

 

"Motoharu radio show!"


 今日はサウンドストリート21 リクエストスペシャルの話題。今年は懐かし番組のリバイバルが満載のNHK-FMです。サウンドストリート21自体は今日に限らず新旧のパーソナリティによってバラエティに富んだラインナップで放送されていますが、この日は特別。だって佐野元春ヴァージョンですもの!この懐かしいフレーズと共に"Moto"が帰ってきました。

 懐かしいです。なにがきっかけだったんでしょうね〜、クラシック以外にはニューミュージック(中島みゆきやチューリップ、微妙な組合せ・・・)しか聞かなかったわたしがどうしてあの日あのときNHK-FMにチューナーを合わせたのかほんとに自分でも覚えていないんです。とにかく夜10時にあの日ラジオのスイッチを入れたら紹介も何もなくいきなりデヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」が流れたんです。最初ビートルズを思わせるヴォーカルハーモニーだったのか突如パーカッション編成になりがらりと雰囲気が変わる。なんじゃ、こりゃ!と惹き込まれました。それが金曜日、渋谷陽一のサウンドストリート。なにも金曜日の渋谷でひっかからなくてもいいんじゃないかと思いますね、おかげでかなり道を踏み外した(いえ、人生が豊かなになった)気がします。

 そしてその後、中学〜高校〜大学(あ、大学の頃は次第にあんまり聞かなくなっていった)と平日の夜10時はサウンドストリートな日々が始まったのです。月曜日は佐野元春、火曜日は坂本龍一、水曜日は何故かあんまり記憶になく(何人かパーソナリティー変わってますよね、あんまり好みでなかった気がします)、木曜日の山下達郎そして金曜日の渋谷陽一でわたしの1週間は終わるのです。正直に告白します、一番はまっていたのは金曜です。おかげで中学〜高校とデュラン・デュランやカルチャークラブに代表されるブリティッシュ・ロックブームの波とともにすっかり洋楽漬けになってしまいました(そこへ何故か突如スタ☆レビも加わっているのですが)。中学の頃なんて「ミュージック・ライフ」買ってたりしたもの(あー、恥ずかしい)。

 特に高校、大学受験のときにはずっとお世話になりました。わたしは典型的なながら族なので夜10時の「サウンドストリート」、ラジオドラマの「ふたりのへや」でちょっと休憩して11時から(11時にニュースを挟んでたかもしれません)「クロスオーバーイレブン」と音楽の流れる中受験勉強したものです。ちなみに高校3年の1年間はその後お馴染みのブラームスのメロディーと共に深夜「大学受験ラジオ講座」へと続くのでした。

 月曜日"Moto"のキャッチコピーは確か 憂鬱な月曜日を吹き飛ばせ! だったような。文字通り気の重い1週間のはじまりが"Moto"のおかげですごく楽しみになったことを思い出しました。大学受験のときはわたしのウォークマンにはいつも「No Damage」をダビングしたカセットが入っていて "Moto" からたくさん勇気をもらった。

 今考えるとあのパーソナリティ陣はすごく豪華ですよね。文字通りFM黄金期。「サウンドストリート」の他にも「ふたりのへや」では寺山修司の童話集の存在を知ったり荻野目慶子と村上弘明演じる新井素子のグリーンレクイエムに涙したり(ぶどうパンストーリーも好きだったんですが原作あったんですかね、番組オリジナルものも多かった気がします)、「夜の停車駅」では江守徹の落ち着いた語りとエンディングのラフマニノフのヴォカリーズがとても印象に残っています。ああいった番組って、商品化するのはすごく難しいと思うのですが、例えばNHKアーカイブズなどへ足を運べばもう一度聞くことができるようにして欲しいです。

 最近CMでも70・80年代に流行った洋楽が使われることが多いですが、耳にするたびにサウンドストリートと青春の日々が懐かしく思い出されます。わたしがトシとったってことか?

凛個人のための番組で流れた曲のメモ

08月14日(日) - 午後 00:15 〜 午後 02:00 - FM ポピュラー サウンドストリート21 リクエストスペシャル

                         佐野 元春
                         中川  緑
 − 佐野 元春 −
「タイトン・アップ」    (アーチー・ベル&ザ・ドレルズ)
「ステッピン・アウト」        (ジョー・ジャクソン)
「ドント・ゲット・ミー・ロング」     (プリテンダーズ)
「ウェイト・フォー・ミー」(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
「アドバイス・フォー・ザ・ヤング・アット・ハート」
             (ティアーズ・フォー・フィアーズ)
「ドント・アンサー・ミー」
            (アラン・パーソンズ・プロジェクト)
「ラヴリー・デイ」           (ビル・ウィザース)
「ペ グ」              (スティーリー・ダン)
「スクイーズ・ミー」          (マリア・マルダー)
「タンブリング・ダイス」   (ザ・ローリング・ストーンズ)
「ドミノ」               (ヴァン・モリソン)
「レイトリー」         (スティーヴィー・ワンダー)
「ホエン・ウィ・ウォーク・イン・ザ・ルーム」
                   (ポール・キャラック)
「ホーム・プラネット〜地球こそ私の家」    (佐野 元春)
「 光 」                  (佐野 元春)
「ア・ベル・ウィル・リング」          (オアシス)
「ソー・アライヴ」          (ライアン・アダムス)
「ガール」                  (ベ ッ ク)
「ウォーキング・オン・サンシャイン」
           (カトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴス)
「オン・ザ・ビーチ」            (クリス・レア)
「希 望」                  (佐野 元春)


|
|

« マエストロ角のオペレッタ普及&啓蒙活動 | トップページ | ふっふっふ・・・Mac mini 入手! »

コメント

10年ほど前の記事のようですが、懐かしかったので。高校・大学の頃はわたしもそのパターンでハシゴしてました。24時からはFM東京でジェットストリームでしたが。
ぶどうパンストーリー、シリーズだったんでしょうか、私は「アップルティーの謎」しか覚えてません。が、聞き逃すまいと必死に録音した覚えがあります。
ふたりの部屋で私が出会ったのは、眉村卓さんや、星新一さんなんかのショートショートの世界ですね。
今はなんか無味乾燥な毎日だなぁ。

投稿: 通りすがり | 2015年7月11日 (土曜日) 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/5469779

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの青春そのもの♪ サウンドストリート:

« マエストロ角のオペレッタ普及&啓蒙活動 | トップページ | ふっふっふ・・・Mac mini 入手! »