« 初めての企画会議! | トップページ | そうだ、京都へ行こう♪ »

2005年11月 9日 (水曜日)

今週の成果 両手・両腕の独立性

 ツェルニーの第24番、これもう指の独立性とか云々以前の問題として両手・両腕も独立性を高めないとどうにもならないです〜(涙)

 シンコペーションで追いかけていくのに両手・両腕が同じタイミングで力はいるし脱力しちゃう。だからリズムが崩れる。右手(右腕)は右手(右腕)、左手(左腕)は左手(左腕)なんだってば!なんで自分の手(腕)なのに、勝手に動くのよ・・・。

 モーツァルトはまあまあ、かな。まだまだ上手に弾けているとは思えないけど第1楽章のように、弾いていてオケの音が頭を駆け巡るようになりました。自分の中のイメージではずいぶんと音の厚みが出てきたので演奏していて楽しいです。第2楽章は弦楽器のアンサンブルがメインで木管はお休みです(勝手なイメージ)。

 ギロックは相変わらず絶妙のピアニシモに挑戦中(明日、生ピアノで再現できるか?!)

 ハノンは・・・訊かないでください。
 

|
|

« 初めての企画会議! | トップページ | そうだ、京都へ行こう♪ »

コメント

初めてコメントします!五月です!!

結局両手・両腕が独立するためには、頭の中でまず独立する、ということだと思います。

多くの場合は、どちらかを考えすぎているばかりに、いらない力が入っていることが多いですね。

私も教える時に色んな方法を使いますが、出来たら、左手を弾きながら、右手部分を歌う、反対に、右手を弾きながら左手を歌う、というようなことでも随分ほぐれてきますよ!!

良かったら試してみてくださいね!

あとは、ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」を使ったお笑い練習もありますが、それはまた次の機会にでも!!

頑張ってくださいねーー!

投稿: 五月さくらんぼ | 2005年11月10日 (木曜日) 02:09

はじめまして。
ブログペット、あしあとからやって来ました。

子供から70過ぎの方までにピアノを教えているモノです。頑張っている様子がブログからとても伝わって来たので、コメントを残して帰ろうと思いました。

五月さくらんぼさんのおっしゃる通り、左手を惹きながら右手を歌う(または逆)っていうのは、効果的だと思いますよ〜。腕、もっと言うと指それぞれがちゃんと独立して弾けるようになるのは、結構大変です。弾けてるつもりでもすべっているだけのコトもありますし・・・

応援してます!また読ませて下さい。
ではでは。

投稿: キナ | 2005年11月16日 (水曜日) 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/7006800

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の成果 両手・両腕の独立性:

« 初めての企画会議! | トップページ | そうだ、京都へ行こう♪ »