« レッスン日記 2009年10月22日 | トップページ | ディア・ミルクティー »

2009年10月29日 (木曜日)

レッスン日記 2009年10月29日

本日の内容
バッハ    シンフォニア9番
ドビュッシー ロマンティックなワルツ

 先週の金曜日、仕事中からなんか首筋~背中がぞくぞくして嫌な感じだったので寄り道せず、健康体操教室も休んで養生したはずなのに、しっかり風邪を引きました。悔しー!そのため今週は練習なしで挑んだレッスン。脳内練習の成果は如何に…

*****************************************************************
 バッハは弾き始め1小節も終わらないうちに「手首でリズムを取らないで、もう少し速く」と指示が出て、ちょっと焦る。テンポはともかく、くたびれきって1段1段をどっこいしょと上っている状態の旋律じゃあ流れも何もあったもんじゃないわね、と自覚しつつも練習皆無の今週、テンポアップして大丈夫だろうか。えーい!と腹を据えて果敢に挑む。前半はまあまあだったもの後半はミスタッチの連続。それでも「ミスタッチをしてもミスと思わせない堂々とした弾きっぷり」に関心され、間違えるたびに動揺が手に取るようにわかった以前とはすっかり変わりましたねーと褒められました。そんなわけで完璧とは言えないけれど、9番はとてもわたしに合っている曲と、はなまる合格でした。手首でどっこいしょはまだまだ気をつけていないと、ひょっこり顔をだしてしまうので要注意です。

 ドビュッシーは脳内練習の成果はいまひとつ。というのもオクターブで力が入ってしまうとどうしても上体が萎縮してしまって、演奏に逆効果をもたらすからです。縮こまっちゃうんでしょうかね、肘を外に広げて楽に落とせばよいのに何故かわたしの肘は脇にぴったりくっついてしまうのです。指摘されて、改善を試みるもあまりにぎこちなさ過ぎて思ったような成果が出ない。ゆっくりゆっくりひとつの動作ごとならなんとか…でもそれじゃあ旋律にならない。肘を含めたからだの使い方は家で練習しなければ、すぐには慣れないですね。というわけで後半部分のぎこちなさ、いっぱいいっぱい感は先週のままですが曲全体の雰囲気や構成、意図するところは磨きがかかりつつあるそうでこのまま頑張って12月に向けて練習あるのみです。

*****************************************************************
 今週の課題  
 バッハは10番に進みます。
 ドビュッシーはペダルなしで出来るだけレガートに弾くときに肘の使い方を注意のこと。

|
|

« レッスン日記 2009年10月22日 | トップページ | ディア・ミルクティー »

コメント

きょうはエミュがミスすればよかった?
それでバッハみたいな体操すればよかった?

投稿: BlogPetのりん | 2009年11月 5日 (木曜日) 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/46621623

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン日記 2009年10月29日:

« レッスン日記 2009年10月22日 | トップページ | ディア・ミルクティー »