« レッスン日記 2009年12月10日 | トップページ | 発表会 2009年12月19日 »

2009年12月17日 (木曜日)

レッスン日記 2009年12月17日

本日の内容
ドビュッシー ロマンティックなワルツ
バッハ    シンフォニア10番

 今日は珍しく19時までがっつり残業でした。結構、脳ミソ疲れてます。それでもこの1週間は定時で帰れる日が多くそれなりに練習時間は取れたので、バッハもドビュッシーもなんとかなるんじゃないかと…

*****************************************************************
 今日はドビュッシーからレッスンです。年2回のメインイベントがすぐ目の前に控えていますからねー。

 珍しく残業をしたせいか集中力がなく、いきなりペダルを忘れ動揺しつつもなんとか止まらずに暗譜で弾き終えました。ただ個性的なのはいいけれど独自性が強すぎて33拍子のワルツの雰囲気が損なわれるほどなのはやりすぎと言われ、確かに自分でもこのところはこの曲がワルツだという意識をしていないことに気付いたので(別に踊るための曲ではないが)ちょっと見直してみよう。はい、泣いても笑っても発表会は二日後です。

*****************************************************************

 やはりバッハが弾き易い。簡単だという意味ではもちろんない。弾いていて気持ちがよいのだ。練習するにつれぼんやりとしていた和声進行がその輪郭を明確してくるともう楽しくて楽しくて。それが音となって先生にも伝わっているのはうれしいですね。荒削りな部分もありますが、今日で10番はあがりです。
 

*****************************************************************

 今週の課題  
 バッハ:次回は11番です。
 ドビュッシー:ワルツの3拍子をすっかり忘れてしまわないように。

|
|

« レッスン日記 2009年12月10日 | トップページ | 発表会 2009年12月19日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21636/47051630

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン日記 2009年12月17日:

« レッスン日記 2009年12月10日 | トップページ | 発表会 2009年12月19日 »